雪上訓練その1

朝食の後は雪かきだ!

140216a01

などと言いつつ、ちゃっかりスノーシューで雪遊び。


ここにはテレビも新聞もないので、豪雪被害の事を知りませんでした。
しかし雪で浮かれていると、ここも孤立状態になりかねない。

140216a02

雪遊びを返上。
豪雪に備えてのスノーシュー訓練と捉えましょう。

訓練となれば、それなりの装備で挑みたい。
先週はストックなしのため、どうも動きが安定しない。
我が家の物置には、かつてのスキー用ポールが何本もある。
中には滑降用のグニャっと曲がったポールなども。

今回はその中で一番古い骨董ポールと、
最も新しい登山用のストックを持参してきました。

140216a03

う〜ん、時代の差を感じますね〜。

140216a04

昔を懐かしみ、スキー用の古いポールでラッセル開始。
カラーコーンがすっぽり埋まっているので、70cmほどの積雪でしょうか。
これだけの深さをツボ足で進むのはかなり困難。
フカフカの新雪でしたが、
スノーシューはそれほど埋まることもなく、すいすい進みます。

140216a05

気持ちがいいので、あっちこっち移動している内に息が荒くなる。
自衛隊スキー部に所属していた頃はクロカンも散々練習させられ、
その辛さが少し蘇ったりもしました。
スノーシュー、豪雪には必需品ですが体力も必要です。

軽く運動した後は、例のシャベルで雪かき訓練。

140216a06

軍仕様のシャベルなので量的には不効率ですが、
持ち運びが苦にならないので携帯には便利です。

その、雪かきしている場所というのは

140216a07

ファイヤープレース。

雪中で火を熾し、暖をとり食事をする。
これこそも野外炊き出しの雪上訓練。

・・・という名目で、次回に続きます。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する