アンコールと一晩共に

翌朝は朝陽が眩しい好天気。

140215b01

キッチンのないこの山荘では薪ストーブが大助かり。


「週末は南信州暮らし」
「山荘」
「プライベートフィールド」
などといったキーワードが最近登場しますが、
これらの建物や土地は私の物ではありません。

140215b02

ごく親しい方から管理を任され
自由に使わせてもらっているというのが実態です。


今週末は予想外の大雪に見舞われ、かなり時間をかけての到着。
夕食の材料を用意してきた手前、
空腹にも絶え、休憩することも惜しみながらひたすら走り続けました。

140215b03

到着後は荷物や薪を降ろし、アンコールに火を熾します。
屋外の薪はすべて雪に覆われ、自宅から持ち込んだ薪は正解でした。

夕食メニューは、先日AGNIの撮影で教えてもらったトマト鍋。

140215b04

材料は粗品のトマトソースと野菜・ベーコン・シーフードミックス。
そしてごはん。

140215b05

アンコールの温度が上がるまで、仮設のキッチンで調理。

140215b06

ごはんは水に浸す時間が短かったのか、少々固め。
翌日アレンジしてリゾットに使う予定なので、これくらいがちょうどいいかも。

ようやく部屋も暖かくなり、

140215b07

ストーブトップで仕上げの煮込みです。
結局、夕食にありついたのが午後11時。
後片付けを済ませ、
アンコールの真ん前でシュラフに潜り込んで就寝となりました。


翌朝、パチッと目が覚めて、
まだ熾きが残っているアンコールに薪をくべのは普段と一緒です。

朝陽が降り注ぐ好天気に恵まれ、窓の外は一面雪景色。

140215b08

アンコールが安定するまで、トイプーと雪道の散歩。

朝食は昨夜のトマト鍋と、ベーコンエッグです。

140215b09

我が家のデファイアントは朝陽が差し込まないので、
この光景はなんとも清々しい。

朝食の後は、雪かきだ!

関連記事

コメント

トマト鍋、美味しく頂きました。人参、ジャガイモはぶつ切りなのに型崩れせず、ホクホクでした。雪かきの後でしたから一人でペロリでした。いつもご馳走になってばかりですみません。
それにしてもアンコールは美しいですね~
でも、まだちょっと写風人さんがアンコール?って感じで違和感がありますが、どんどん使い込んで下さい。

2014/02/17 (Mon) 23:40 | matsuzawa #- | URL | 編集
matsuzawaさんへ

残り物ですみません。
来週は出来たてをご馳走しますね。

やっぱり私はデファイアントのイメージですか?
私自身もちょっと違和感があります。
デファイアントの丸みを帯びた格子に対して、アンコールはシャープな美しさがありますね。撮影条件はこちらの方がいいので、アンコールの写真を撮り続けてみたいと思います。

2014/02/18 (Tue) 00:01 | 薪焚き「写風人」 #FMwsOtrU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する