GRIS WOLD

ポールさんからのプレゼントは、

14griswold1

ヴィンテージもののCast Iron Breakfast Skillet。


GRISWOLD(グリスウォルド)は始めて知ったブランドですが、
アメリカでは老舗中の老舗だとか。
グリスウォルドは1865年ペンシルバニア州エリーで創業されたようです。
このクロスロゴが登場したのが1906年頃。
1957年ワグナー社に売却後は「ERIE」の文字は入っていないとの事。
となると、このスキレットは少なくとも60年以上前のものと思われます。
高品質な鋳物と滑らかで美しい仕上げはポールさんも絶賛。
しかし残念なことに現在は入手不可です。
オークションなどで見かけたとしても、LODGEと同型のスキレット。

14griswold2

この四角で仕切りのあるスキレットは、まず見当たりません。
これは朝食用に作られたBREAKFAST SKILLET。
トースト、ベーコン、卵などをワンプレートで調理するのでしょう。
弁当のおかず作りにも良さそうです。

14griswold3

野外ではファイヤープレースでもサマになります。

暫く使われていなかったようなので、
焚き火とショートニングでしっかり手入れしてみると、

14griswold4

まさに黒光り。
BREAKFAST SKILLETが蘇ってきました。

14griswold5

こうしてスキレットを並べてみても
スクエアタイプのスキレットは存在感ありますね。
薪ストーブとの相性も良さそうです。
早速、明日からの朝食づくりはこのスキレットで!

ポールさん、貴重なスキレットをありがとうございました。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する