スティーマーとエコファン

コッパーケトルで一気にお湯を沸かした後は

1401031

蒸気で潤い、香りでもてなす。


朝のコッパーケトルは生活のためのお湯。
薪ストーブの熱源は、料理や衣服の乾燥など冬の生活には欠かせない。
ただ我が家のデファイアントは店舗に設置しているため
営業中に生活色をだす訳にはいかない。
そこで登場するのがスティーマー。
薪ストーブ独特のアクセサリーなので
ほとんどのお客様から「これは、何?」と聞かれる。

1401032

開店時間が近づくと、そのスティーマーが主役となる。
乾燥気味の店内が緩やかな蒸気で満たされる。
そこへアロマオイルを数滴たらすと、心地よい香りが店内に漂う。
芳香剤の嫌みな香りとはまったく違い、まさに香りのアロマ。
エコファンをかざせば、更に効果満点。

そのエコファン。お客様からは最も注目度が高い。

1401033

なぜ、ファンが回っているのか不思議に思われる。
難しい説明は省き「熱で回るんです。」とだけ答える。

ストーブトップはケトルだけではもったいない。
(必要以上にケトルがありますが・・・)

1401034

スティーマー・アロマオイル・エコファンの組み合わせで
薪ストーブの付加価値はグンとあがる。

お客様をお迎えするときには、欠かせないアイテムかも。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する