スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焚き火と水

焚き火でお湯を沸かす。

13stanley1

野営ともなると、堅牢な魔法瓶にストックしておきたい。


丸太をアックスで半割りにして、
それらを囲い、火を起こす。
焚き火のかたわらには、必ず水は用意しておきたいもの。
水は飲食・食器洗い、火消しや手洗い用にと用途は広い。

13stanley5

となると、容器もそれぞれ必要になる。

近くに水場がない時は、この20リットルのジャグが重宝します。

13stanley2

一日中焚き火をしていても、20Lを使い切ることはまずありません。
残った水は焚き火跡の火消し用に。

そしてお湯を沸かすためのケトル。

13stanley6

今回は給食用のミルク缶と、廃盤になったグランマーコッパーケトルミニ。
調理用にはエナメルブラックポット。

13stanley7

ちなみにブラックポットはシチューを煮込みました。

ミルク缶のお湯は、身体を拭いたり洗い物など多目的用途に、
コッパーケトルは飲料用に使う。
沸騰したお湯は、いつでも使えるようにストックしておきたい。
その為のボトルがこれ!

13stanley4

1913年創業以来、「本物は時代に関係なく愛用され続ける」をポリシーに、
アメリカだけに留まらず世界中で愛され続けてきたSTANLEYクラシックボトル。
手前が0.47L、コーヒー専用にしています。
奥は1.3Lの100周年記念ボトル。本体カラーは1944年までに使っていたヴィンテージハンマートーンが採用されているそうです。

1万メートルから落としても割れないと言われるこのタフなボトルは、
軍隊でも使われるほどの耐久性と断熱性を兼ね備えた、まさに一生もの。

13stanley3

こんなボロボロになるまで、使い込んでみたい。

関連記事

コメント

記念ボトルなんてあったのですね。
私も軍採用などのセールス・トークに
弱く3本持っておりますが、永く愛用
したいモノの一つです。

2013/12/27 (Fri) 12:54 | matsuzawa #- | URL | 編集
matsuzawaさんへ

やはりmatsuzawaさんもお持ちでしたか。
孫の代まで受け継がれるアイテムは、惹かれますね。
クラシックボトルといえば、このグリーンのハンマートーンが定番ですが、記念ボトルのヴィンテージカラーもなかなか渋いですよ。
でも、3本もあれば必要ないですね。

2013/12/27 (Fri) 23:21 | 写風人 #FMwsOtrU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。