ヤニ・シブを落とす

原木相手の刃物は樹液がこびり付いてくる。

13haclea1

いわゆる脂(ヤニ)とか渋(シブ)である。


ナタやノコギリ、アックスなどは作業をする度に樹液で汚れてきます。

13haclea2

この汚れを簡単に落とせるのが刃物クリーナー。
市長選で物議を醸し出した堺市にある刃物メーカーの商品です。

回し者ではありませんが、
驚くほどきれいになるので手入れ風景をご紹介します。

まずはナタ代わりに使っているナガサ。

13haclea3

汚れているブレード部分にスプレーし、しばらくしてから拭き取ります。

13haclea4

気持ちいいほど汚れが落ちてくれます。

次に10年以上使っているアックス。

13haclea5

昨年研いで、それ以来手入れはしていませんが、汚れがジワジワ落ちてきます。

13haclea6

新品同様の刃に蘇りました。
いかにヤニやシブがこびり付いているかという事ですね。

伊東孝志さんも愛用しているGOMBOY。
替え刃もありますが、3年を経過した今でも切れ味は抜群です。

13haclea7

細かい刃の汚れも落ち、ノコギリには最も効果的かもしれません。

もともと手入れや整備というのは苦手なタイプですが、
古道具に興味を持ち始めてから、道具に対する見方が変わってきたようです。
いかなる道具とも長く付き合っていきたい。
これ、年寄りの前触れかな?

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する