農具に惹かれる

ブログもスローペースになっていますが、久々の更新です。

13nougu1

最近、農具に凝りだしています。
私的には野外アイテムなので、カテゴリーはアウトドアということで・・・。


先日、ある農具メーカーからDMが届きました。
数年前に購入した鳶の調子はいかがですか?という内容のハガキ。
たかが鳶1本の購入で顧客フォローするなんて素晴らしい。
どんな会社だろう?とHPを覗いてみると、
そこは新潟県三条市の農具メーカー相田合同工場
燕三条といえばスノーピークのダッチオーブンが作られていることでも有名。

13nougu9

家庭菜園ブームの中、農具もアイデアとデザインなんですね。

これに刺激されて、という訳ではなく、
たまたま原野を開墾する機会を得たので、どんな農具から揃えていこうと思案中だったのです。
それが偶然にも、友人の引っ越しを手伝っていた時の事。
使わなくなった古い農具を捨てるというので、もらってきたのがトップの農具一式。

13nougu2

しかし数年間放置されていたので、かなりひどい状態。
以前の私なら、こんなの要らないって断っていたでしょうけど、
開墾初心者ならこういうものを手入れすることから始めましょう。
とカッコ良く言いたい所ですが、本音は出費を抑えられますからね・・・。

13nougu4

錆だらけの鍬や鎌はグラインダーで磨き、椿油を塗って仕上げ。

長い間手入れしていない柄はカビまで生えている。

13nougu5

サンドペーパーでゴシゴシ磨いて、

13nougu3

仕上げは純正荏油。

すると、どうでしょう!

13nougu7

ヨボヨボの爺さんが、脂ぎった働き盛りに蘇ってきたではありませんか。
道具にも人にも適度な油は必要ですね。

手入れをしていて、ひとつ気になった道具があります。

13nougu8

立鎌とか草削りとかいった部類なのでしょうか?
窓ホーとも違うようですが、ちょっとシブイですね〜。
ひょっとして高値が付くようなお宝農具だったりして・・・。(そりゃないか。)


薪焚き写風人も、しばらくは野良仕事に没頭しています。



関連記事

コメント

写風人さんなら農具もカッコよくディスプレイしちゃいそうで楽しみです。
古い道具はいい材料を使ってる事が多いから、手入れするとまだまだ使えますよね。
野良仕事は腰にくるんで気を付けてくださいね~。

2013/09/11 (Wed) 20:09 | エース #- | URL | 編集
エースさんへ

こんばんは。
今日は、友人の畑の耕しを手伝ってきました。
雑草がひどくて草刈りだけで息切れしちゃって・・・。
野良仕事は一気にやろうと思うと疲れますね。

2013/09/12 (Thu) 00:40 | 写風人 #FMwsOtrU | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/14 (Sat) 23:24 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する