13トンの破壊力

手こずる原木。未だに割れないままです。

13logs1

そこに!頼もしい助っ人が・・・。


堅いから、その内に・・・。
忙しいから、その内に・・・。
暑いから、その内に・・・。
などと、ずっと後回しにしていたプラタナスの薪割り。

実は数日前にエンジン薪割り機を借りていたのです。

13logs2

本日、猛暑の中、試し割してみました。

13logs3

オレンジ色でなかなかカッコイイ。
破壊力は13tonとのこと。

まずは小さめの玉切りから試してみると、グイグイ割ってくれます。
それでは、いよいよ大物。

13logs4

乗せるのに苦労するほどの直径50cmのプラタナス。
いや〜、感激!
真ん中からメキメキメキ。節目が素直ならバッチリです。

次は節のあるやっかいそうな玉切り。
一度目は、めり込んだだけで割れませんでした。(左上の跡がそれです。)

13logs5

位置を変えて端から試してみると、なんとか割れてくれました。

先日もらってきた樫はどうでしょう?

13logs6

直径35cmほどですが、これは真ん中からでも楽勝です。
ちなみに昨年から残っているケヤキ。
これも真っ二つには割れませんが、端からなら大丈夫。

問題は直径60cm以上の原木。
とてもじゃないけど持てないので、チェンソーで伐るしかないです。
樹齢の長いプラタナスはほんとに堅い。
まだまだ、手こずりそうです・・・。

それにしても暑くてやってられない。
抜け毛が激しい柴犬の銀も、そんな目で私を見つめてきます。

13logs7

水遊びついでにシャンプー。
写風人も頭っから水浴びしましたよ。なんで、こんなに暑いの?

関連記事

コメント

13トンの薪割り機について

こんにちは。
新潟の商品で、コスパ、メンテナンスについても有利そうで、以前から気になってました。
FL岐阜さんのティンバーウルフTw-2(20トン)を使わせいただきましたが、やはりパワーが凄く、節のあるカシやナラの玉も力技でズバンズバン切ってくれますね。
ただ、価格が60万くらいすること、260キロと重たいこと、音がやはり大きいのが気になっています。
ご紹介していらっしゃる13トンのマシンですが、音と、パワーを実際のところ実感してみたいですね。
買うなら、20トン以上の高価でパワフルなものか、それともコスパ重視で13〜15トンくらいのものかって感じになってます。

2013/07/25 (Thu) 10:38 | モチ吉 #9L.cY0cg | URL | 編集
モチ吉さんへ

こんばんは。
薪割りを始めて15年になりますが、薪割り機がなくてもここまでやってこれました。
逆に薪割り機があれば、もっと楽できたことでしょう。
結論的には予算が許せば、20トンクラスの薪割り機の方が断然いいと思います。13トンといえど8トンクラスとあまり変わり映えしないように思います。必要なときに借りられる友人を持つこともひとつの手かもしれませんね。

2013/07/26 (Fri) 23:14 | 写風人 #FMwsOtrU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する