自己陶酔型DO料理

ダッチオーヴン料理は鍋のまま食卓に出せるから実に豪快。

1306do1

その反面、食後の後片付けは大変ですけどね・・・。


前回、仕込みの記事で登場したキドニービーンズ缶。

1306do2

いつもと違うスーパーで買い物するとBlack Beansなるモノを発見しました。
日本名で黒いんげん豆。

1306do3

今回のチリコンカーンは2種類の豆を使ってみました。
キドニービーンズ(金時豆)は煮込むと崩れてしまいますが、
ブラックビーンズは少し縮んで食感もやや硬めです。
豆の存在感を愉しむならブラックビーンズの方がいいかも。
これは前日仕込んで、一晩寝かしました。
もう一品、ローストチキンもクレージーソルト・粗挽き黒コショー・ローズマリー・にんにくを前夜にまぶして冷蔵庫に保存しておきました。

さて、当日。
薪ストーブで品数をこなすのは時間が掛かりすぎるので

1306do4

ローストチキンとローストオニオンは野外で調理。
弱火でじっくり焼き上げました。

1306do5

チキンは皮が美味なんですよね。

その後は調理に給仕にと、とても慌ただしく過ぎていき、
写真を撮ることすら忘れてしまいました。

食事の頃合いを見計らって、次はデザート。
スキレットに缶詰の桃を入れ、ケーキミックス・バター・シナモンをふりかけて
ピーチフルーツコブラーを仕込みます。
キャンプダッチのカバーをかぶせて薪ストーブの炉内へ。

1306do6

やっとここで撮影再開。
ストーブ周りは悲惨な状況になっています。

1306do7

数分後、蓋を開けて確認すると、
こんがり焼けてシナモンの香りも部屋中に漂ってきます。
皿に取り分けてアイスクリームをのせていただきます。

ここで今日のメインイベント。
コーヒーのプロを目の前に、ワイルドコーヒーを振る舞う身の程知らずの写風人。
西部スタイルのチリコンカーンから始まり、
その勢いでコーヒーまで淹れてしまいました。

食後のお手伝いも断り、独りで黙々と後片付けに酔いしれる。

1306do8

料理をもてなすというより、自己陶酔型のパフォーマンスショーかも。

最後に嬉しいお土産をたくさんいただきました。

1306do9

中でも驚いたのが、エスメラルダ農園のゲイシャ!
数あるコンテストで、何度も優勝している奇跡的なパナマのコーヒー豆です。
とにかく美味いし、お値段もハンパではありません。
楽天やアマゾンで検索すると、4400円(200g)もするのです。

味わってみたい方は、写風館のコーヒータイムにどうぞ。


関連記事

コメント

200g4400円の珈琲、一体どんな味がするんだろう??
ちなみに我が家の愛飲するのは1kg980円です。

2013/06/08 (Sat) 18:27 | ジーコ #- | URL | 編集
ごちそうさまでした

ゲイシャ ご馳走になりありがとうございました。
いつものベトナムコーヒーが切れてたので
さっそくコーヒーローストさんに行って来ました。
長い付き合いになりそうな予感です(^^)

2013/06/08 (Sat) 18:41 | nao #- | URL | 編集
ジーコさんへ

普段飲んでいるコーヒーよりも10倍美味しいかというと、そこまで舌が肥えていませんが、プレゼントされる側からみると、こんなに嬉しいお土産はないですね。

2013/06/08 (Sat) 20:44 | 薪焚き「写風人」 #FMwsOtrU | URL | 編集
naoさんへ

ナイスタイミングで、仕事の打ち合わせができましたね。本当はもっと早く電話できたんですけど、つい忘れちゃってて・・・。
早速、コーヒーローストさんへ行って、ゲイシャ買ってきたんですか! わぉ、贅沢!

2013/06/08 (Sat) 20:51 | 薪焚き「写風人」 #FMwsOtrU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する